お金の話

suicaよりも便利なモバイルsuicaがおすすめな理由!

改札を抜けようとしたらSuicaのチャージが切れていた。
ポケットから切符を出そうとしたら肝心の切符がない。
バスに乗りたいけど小銭が無い。
後ろに並んでいる人のプレッシャーが怖い。
そんな方にお勧めしたいのが、モバイルSuicaです。

この記事でわかる事

・suicaとモバイルsuicaの違い
・モバイルsuicaのメリット
・suicaは他県の交通系電子マネーと互換性がある事
・通勤通学ではモバイルsuicaが便利な事
・モバイルバッテリーの重要性

モバイルsuicaとは?

モバイルsuicaとは、スマホ版suicaの事です。
関東圏ではよくCMが流れていますね。
モバイルsuicaをスマホに設定し、チャージ用カードを設定。
そうすると、残高の確認やチャージがスマホから行えます。
さらに関東圏でJRのエリア内なら定期券も作れます。
定期券機能は関東圏限定ですが、
他の電子マネーと互換性があります。

モバイルSuicaの対応機種は?

お使いのスマートフォンが対応していればすぐに導入できます。
iphoneの場合は7以降の端末が必須です。
android端末の場合はおサイフケータイに対応していれば使えますが、
お手持ちの機種の説明書を確認しましょう。

次に切符を使う場合のデメリットを紹介します。

磁気カードのデメリット

・定期券だと改札抜けるのに時間がかかる。
・定期の更新手続きがめんどくさい。
・清算がめんどくさい。
・定期券を無くしたら詰む

次に、モバイルSuicaのメリットを紹介します。
以下のメリットに魅力を感じたなら導入しましょう。

モバイルSuicaのメリット

・スマホ(対応機種必須)が定期になる
・乗下車駅の片方がJRの駅なら定期作成可能
クレジットデビットカードで支払いできる
・クレジットやデビットでポイントを稼げる
春になると定期購入キャンペーンがある
・みどりの窓口に行かずに定期作成更新できる
・バッテリー切れても使える機種がある(android系)

次にモバイルSuicaのデメリットも紹介します。

モバイルSuicaのデメリット

・携帯を紛失したら詰む
・バッテリーが切れたら使えない(iphone)
・上下車駅どちらもJR以外だと定期が作れない

スマホのバッテリー対策は、モバイルバッテリーを導入しましょう。
最新機種はバッテリーが長持ちしますが、念の為にご準備を。
以下のモバイルバッテリーは大容量で高速充電対応なのでおすすめです。

SuicaよりもモバイルSuicaを推す理由

suicaではなく、モバイルSuicaを推す理由は下記の通りです。
都会で暮らすなら導入しないほうが不便だと断言できます。
・Suica定期は更新するのに窓口に行く必要がある
・モバイルSuicaよりも利便性に劣る
・少しでも時間を節約したい人にはSuicaは向かない

通勤通学はモバイルSuicaと共に

Suicaをお勧めしない理由はお分りいただけましたか?
・改札を抜けようとしたら定期のチャージが切れていた。
・ポケットから切符を出そうとしたら肝心の切符がない。
・後ろに並んでいる人のプレッシャーが怖い。
そんな日々とオサラバするなら、モバイルSuicaを。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカード
楽天銀行デビットカードはお得なカードです。
nanacoチャージでもポイント付くので、
コンビニで税金の支払いにも使えます。
楽天モバイルや楽天市場と相性が良く
楽天経済圏を構築に必須です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です