仕事・資格

スマホやタブレットで資格対策!社会人におすすめのスタディング!

現代は給与が簡単に上がらないのが現状です。
職業や業種によっては資格手当がありますが、
忙しくてスクールに通えない、帰ったら疲れて寝る。
そもそも通信教育の料金が高くて無理。
そんな方に隙間時間の勉強に適した通信教育を紹介します。

スタディングとは


スタディングはオンライン教材を使った通信教育の一つです。
パソコンやスマホ、タブレットを使った学習システムで
紙媒体の教材が無い事が特徴のサービスです。
本のテキストが無い為、場所を選ばずに勉強できます。
動画や音声教材は15分前後と短く、
一項目辺りの学習時間を短縮した
周回効率重視の学習スタイルとなっています。

詳細はこちら

学べる資格一覧

・中小企業診断士
宅建
・FP
・司法書士
・簿記
・税理士
・行政書士
・司法試験
・外務員
・ビジネス実務法務検定
・コンサルタント養成講座
・マンション管理士
・データサイエンティスト
・技術士
・ビジネス著作権検定
賃貸管理士
・販売士
・知的財産管理技能検定
・弁理士
・危険物取扱者
ITパスポート
・個人情報保護士

全講座一覧

スタディングと他社講座の違い

下記表は左右にスライドします。

スタディング 他社資格学校・通信講座
学習場所と時間 スマートフォン、タブレット、PCがあれば全ての講座をどこでも学べる 教室や、自宅など勉強のための場所が必要
テキストや問題集などを用意・持ち運ぶ必要がある
インプット学習 専用スタジオによる高品質な映像講義
テレビの情報番組のようにテキスト無しで理解できる
教室などの講義を撮影した映像
テキストが無いと理解できない
テキスト WEBでいつでも参照可能
検索機能ですぐに探せる
冊子のみ
問題練習 オンラインでいつでも練習できる 冊子が中心
学習手順 学習フローにより、最適な順番で講座を受講できる。 講義以外の学習は、自己責任で行うためいつ何を学習したらよいかわかりにくい
講師 誰でもベストな講師の講義が受けられる 通学だとアルバイト講師に当たる場合も多い
質問回答 質問回答サービスは一部の講座のみだが、現在は検索で確認できることがほとんど。
その分のコストを削減して低価格で提供
質問回答サービスが付いている場合が多いが実際には使われないことも多い
大きなコストアップ要因になっている
価格 大手の資格学校・通信講座の数分の1程度
個人がすぐに払える金額
中小企業診断士で30万前後、司法書士は40万~50万円程度と高額
個人がすぐに払える金額ではない

スタディングの料金

スタディングの料金は資格によって違います。
例えばこちらの宅建士の場合は18500円(税抜)。
通学型は20万、通信教育は8万前後が相場です。
通学型や他社の通信講座よりは安価なので、
お財布に優しいのも特徴です。

詳細はこちら

学習フローについて

  • STEP1
    映像/音声教材で基本を学ぶ
    状況に合わせて映像か音声で学習します。
    通勤中は音声を聞きながら学習しましょう。
  • STEP2
    基本問題に取り組む
    映像や音声で基本を学んだら基本問題へ
  • STEP3
    過去問に取り組む
    基本問題が終わったら過去問へ
  • STEP4
    基本と過去問を合格するまで繰り返す
    合格ラインになるまで学習します。
  • STEP5
    次の学習フローへ
    基本と過去問が安定して合格点になれば次へ

社会人にお勧めの学習スタイル

平日は通勤時にスマホで映像や音声でインプットし、
休み時間に基本問題や過去問に挑戦。
休日は好きなタイミングで勉強できます。
資格によって標準の勉強時間は違う為、
取り組むなら早い方が無難です。
法改正の影響がある資格は対応版が出るのを待ちましょう。
出先で勉強するならスマホやタブレットが最適です。

スタディングに向いている人

通勤時間や休み時間に隙間時間が確保できる方
パソコンやスマホ、タブレットを持っている方
資格取得は興味あるけど予算でためらっている方
独学で挫折した経験のある方
書籍で勉強してもモチベーションが保てない方

該当する方はこちらへ

スタディングで宅建士の申し込みをしてみた


筆者も実際にスタディングで宅建士を申し込みました。
過去2回は他社通学式と通信教育を使いましたが、
通学型は費用が20万、通信教育(テキスト)は8万と高額でした。
学習スタイルは周回重視で過去問対策に向いており
ITパスポート試験攻略時に感覚が似ています。
色んな教材を使って勉強した事がありますが、
値段も手頃なスタディングをおすすめします。

スタディングの申し込みはこちら

宅建
申し込みはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です