賃貸物件の家賃に影響する4種類の日当り

1 min 8 views

生活する上で実は重要な影響がある日当り。
人によっては重要視されない項目ですが、
日当り次第で生活スタイルに影響がある為、
これから賃貸物件を借りる方向けに解説します。
[box03 title=”この記事でわかる事”]・日当り事の特徴
・日当りのメリットとデメリット
格安物件探しのヒント[/box03]

日当りとは

日当りとは文字通り日の当たり方を指す項目です。
西、南、北、東以外にも東北や南東等があります。
実は日当りも賃料に影響を及ぼす項目なので、
時期によっては家賃交渉の材料になります。

西向きと南向き

西向きや南向きは日が当たる時間が長く
洗濯物が乾きやすいといったメリットがあります。
冬から春は洗濯物が乾きやすいメリットが生きますが、
夏場は室内の気温が上がりやすいデメリットがあります。
西向きと南向きは賃料が高くなる傾向もある為、
ライフスタイルや財布と相談して部屋選びをしましょう。

東向き

東向きは午前中に日が当たる為、
洗濯物を乾かすなら午前中が勝負です。
洗濯物を乾かしにくいデメリットはありますが、
近隣にコインランドリーがあるか、
ドラム式洗濯乾燥機を持っていれば気になりません。

SHARP ES-S7D-WR ホワイト系 [ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯7.0kg/乾燥3.5kg) 右開き] 【代引き・後払い決済不可】【離島配送不可】

北向き

北向きは日があまり当たらないのがデメリットですが、
夏場は室内が日焼けしにくいというメリットがあります。
冬は室内が冷えやすい為、暖房やラグマットを導入しましょう。
また、洗濯物も乾かしにくいので、
コインランドリーが近隣に無い場合は部屋干しを工夫しましょう。
洗濯方法としてのおすすめはドラム式洗濯乾燥機です。
北向きはデメリットが多いですが、その分賃料は安いです。

SHARP ES-S7D-WR ホワイト系 [ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯7.0kg/乾燥3.5kg) 右開き] 【代引き・後払い決済不可】【離島配送不可】

賃料を抑えるなら北向きで妥協するのもアリ

冬は冷え込み夏はそこまで暑くない北向きですが、
他の日当りに比べれば賃料は安価です。
洗濯等のデメリットを相殺できればお得な物件になります。
南や東、西向きのみで部屋探ししてる方は検討してみては?
CB賃貸で部屋探し!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ohtsuka

ohtsuka

サークル「オオツカ不動産」の人

元賃貸営業なブロガー。
一人暮らしに関りのある物や
家電等の情報を執筆します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です