お金の話

毎月の固定費を見直して貯金を増やそう!楽天モバイル編

テレワークのお供に!
生活に必要不可欠なスマートフォンは固定費に分類できます。
キャリア契約で使っているなら大幅な節約が期待でき、
プランによっては月額3000円以下も狙えますので、
現時点でおすすめな格安simを紹介します。

1.CMでおなじみの楽天モバイル

格安モバイルでもiphoneSE取り扱い開始!
テレビや電車でCMをやっている楽天モバイル
以前はiphoneが使えなかったのですが、正式にiphoneに対応しました。
現時点で1年無料キャンペーンが続いているので、
動作確認済み端末を使っていてコスト優先なら是非契約しましょう。

楽天アンリミットのメリット

楽天アンリミットのメリットは、楽天提供エリアでデータ通信制限を受けない事。
300万回線限定で1年間無料で使える事です。
2900円が12か月無料になるので、生活費が1年分大幅に節約できます。
さらに有料期間になってもポイントさえあれば料金の充当が出来ます。
その他にもe-simに対応している為、
iphone se等のe-simに対応したsimフリー端末があれば、
主回線をUQモバイルやYモバイル、副回線を楽天モバイルといった運用も。

楽天アンリミットのデメリット

楽天モバイルのデメリットはプランが一つしか無い事と、
動作確認済み端末が限定されている点です。
iphoneに正式対応していますが、機種が限定されているので、
手持ちの機種によっては買い直す必要が出て来ます。
対応機種で一番安いiphone se(第二世代)がコスパ最高で、
動作確認済み端末はXR以降の機種となっています。

動作確認端末一覧はこちら

オンライン申し込みなら3000ポイント貰える

楽天モバイルのキャンペーン
店頭よりもネット経由で申し込むと多くポイントを貰えます。
お店に行く時間がなく、即日開通の必要が無いならネットで。
ポイント還元キャンペーンをうまく利用すると、
無料期間終了後もポイントで利用料を賄えます。
画像は楽天モバイルより引用

申し込み時の注意点

店頭やネットで申し込む時の注意点としては、
身分証と同じ表記で住所入力する必要がある点です。
例えば住所が東京都世田谷区世田谷0-0-0 楽天ハイツ101号室だとします。
この場合身分証は物件名が省略されているので、
入力は「東京都世田谷区世田谷0-0-0-101」にする必要があります。
オンライン申し込みで審査エラーが出る原因はおそらくこちらでしょう。
筆者は店頭で申し込むときに同一エラーが発生し、上記原因を確認しました。
コールセンターに連絡して少し対応していただき、無事に開通しました。

通信速度は15Mbpsと遅い(場所によって変動)

楽天提供エリアの秋葉原や足立区で通信速度を計測しましたが、
おおよそ20Mbpsを切っていました。
テキスト主体のSNSやyoutubeの標準画質なら問題ありませんが、
PUBG等の動きの激しいスマホゲーには不向きです。
FGO等の通常プレイには問題ないでしょう。

安さを突き詰めるなら楽天モバイル一択

以上が楽天モバイルを使った節約や申し込み時の注意点等でした。
上記記事でも解説した通り、通信速度は遅い部類になる為、
速度を重視する場合はUQモバイルかYモバイルになります。
節約のみに重点を置く場合は楽天モバイルでいいでしょう。
もし今使ってるスマホがキャリア契約のままなら、
直ぐにでも格安simに移行して節約する事をおすすめします。



ABOUT ME
アバター
ohtsuka
元賃貸営業なブロガー。 一人暮らしに関りのある物や 家電等の情報を執筆します。