お金の話

家財保険を年間2万円以下に抑えて初期費用を節約する方法

家財保険
一人暮らしで避けて通れない賃貸契約。
過去記事では仲介手数料を解説しましたが、
今回は家財保険の節約方法を紹介します。

オーツカ
オーツカ
保険(金融)商品を扱う場合は資格が必要です。
筆者は短期保険募集人の資格を持っていますが、
ここでは詳細部分は割愛になります。
ジョシュ
ジョシュ
軽い概要説明ですね!

家財保険は任意の保険も選べる

お部屋を借りる時に加入が必要な家財保険ですが、
業者が指定した保険に加入する義務はありません。
会社の方針や担当者が知らない等の要因はありますが、
事前に加入予定の保険を決めて相談しましょう。

・あくまでも家財保険に加入が必要
・管理会社が指定した保険に加入する必要はない
・ネット専売系の保険商品の方が年間費用が安い

適切な家財保険を選択しよう

一般的な管理会社が提示する家財保険は
2万前後と高額ですが、その代わり補償額も高額です。
あくまでも家財保険に加入する事が義務となりますので、
家財道具の総額や補償範囲が適切なら、安い保険で十分です。

・賃貸用の保険を選ぶ事
・条件として建物の平米数、階数、構造が指定される

根拠は民法上の「契約行為」

法律
宅建や民法を勉強している人はご存知ですが、
契約行為はあくまでも合意が前提で強制はできません。
担当者によっては指定した家財保険が条件と主張されるので、
その場合は同じ部屋を紹介してくれる他社を選びましょう。

まずは持ち物の総額を把握する

家財保険によって補償額の上限は変動します。
仮に指定された保険が保証上限1億円の2年間で2万円だった場合、
読者の家財総額が100万円の場合は逆に損する可能性があります。
まずは家財の総額をカバーできる保険を調べましょう。
内容によりけりですが、安くて1万以下もあります。

ジョシュ
ジョシュ
中には5千円以下な物も!

人によってハードルが上がる事も?

安い保険商品はネットで簡単に見つかります。
ただし、支払い方法がクレカ払い限定が大半な事と
読者自身が保険に対する知識を備えていないと、
トラブルにつながる恐れがある為、
保険選びのハードルが上がる事が懸念されます。
事前に保険内容や保険会社の評判の確認を忘れずに!

オーツカ
オーツカ
ネット専売はクレカ限定が殆どです。
クレカが無い場合は他の保険を探しましょう。
東京在住なら都民共済の家財保険も視野に?

節約効果は人による

以上が家財保険の主な節約方法です。
ネット専売系はクレカ必須ですが、
その分節約効果は狙えます。
利益を得るには十分な調査を忘れずに。

ABOUT ME
ohtsuka
元賃貸営業な同人作家。 個人サークル「オーツカ不動産」を運営中 主に賃貸生活や節約の記事を執筆します。