お金の話

【まとめ】一人暮らしで貯金する方法

一人暮らしと貯金

一人暮らしで貯金が出来ない原因

一人暮らしで貯金が出来ないと言われます。
原因は、お金の流れを把握していないからです。
まずは毎月の家計簿を確認して、現状を把握しましょう。

・今月は何にいくら使いましたか?
・身の丈にあった賃料の物件に住んでいますか?
・酒やたばこ、ソシャゲのガチャで溶かしてませんか?
・携帯のプランは見直しましたか?

筆者は転職後に額面が30万→22万になりましたが、
節約対策済で毎月5万位は貯金できています。
額面22万でも、賃料の更新費用を除けば100万円/年貯金できます。

貯金する為の仕組み

次は固定費と変動費別の対策を紹介します。
毎月一定額を貯金する方法がオススメです。

決済口座と別の口座を作る

銀行口座を一つしか持っていない方にオススメなのが
決済用、貯金用といった目的別の銀行口座の開設です。

一つの口座で目的別口座を設定できるソニー銀行が便利ですが、
楽天市場ユーザーなら楽天銀行がオススメです。

対策:固定費を削る

一か月分の家計を可視化したら、
改善個所を確認しましょう。

賃料

賃貸物件の賃料で、毎月支払う固定費です。
賃料の適正値は、給与の三分の一です。
安全ラインを確保する場合は、それ以下を選びましょう。

一人で暮らす以外の選択肢もあるので、
信頼できる人間とシェアハウスするのもありかも?
割安物件の見つけ方は、後日紹介します。

インターネット料金

インターネットの料金です。
毎月の料金の相場は、約4,500円となっています。

今のプロバイダより安いところを見つける方法が考えられます。
電力自由化やスマホセット割等を駆使し、コストダウンしましょう。

携帯料金

携帯料金は、3大キャリアだと7,000~15,000円が相場です。
仮に6000円/月払っていた場合は、72,000円/年
格安simに移行できるのであれば、2,000円台まで料金を抑えられます。

格安simの業者やプランによりますが、
仮に2000円/月なら、24,000円/年となり、
差額は48,000円/年

住民税(都民税)

毎月6月から2ヶ月枚に支払う住民税。
ふるさと納税やイデコ等で対抗しましょう。
何らかの原因で精神疾患等を患った場合は福祉手帳の取得をお勧めします。

対策:変動費を削る

毎月の食費や買い物等。

食費

業務用スーパー等が近くにあれば、材料はそちらで。
コンビニや外食の利用を控える、自販機は使わない。
タンブラー等を使い、飲み物は持参する。

買い物

・衝動買いを抑える。

電気代

自身のライフスタイルに合ってアンペア数契約を。
年に一回まで、変更手数料はかからないようです。
電力自由化できればコストダウン狙えるかも?

一人暮らしは20アンペアで足りる場合がほとんどです。
照明はLEDシーリングライトがお勧めですよ。

水道代

2ヶ月に一回請求がくる水道代。
節水に努めましょう。

ソシャゲのガチャ

1.キャリア決済を使わずに現金に切り替える。
2.クレジットカードを決済に使わない。
3.リアル縛りプレイスタイルへ。
4.いっそのこと引退する。

appleからの領収書で正気度チェック。

最後に

貯金の有無で生活の安定感が変わりますので、
一人暮らしを始めたら、まずは100万貯金する事を目標にしましょう。

一人暮らしをすることは、親元を離れて自立した生活を送る事になります。
宗教勧誘や新聞勧誘、サロンや情報商材から自力で身を守る力をつけてください。
ほいほいとクレカ使用や借金は借りないように。



楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカード
楽天銀行デビットカードはお得なカードです。
nanacoチャージでもポイント付くので、
コンビニで税金の支払いにも使えます。
楽天モバイルや楽天市場と相性が良く
楽天経済圏を構築に必須です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です