プライム会員なら家電や家具はアマゾンがおすすめ!

【新社会人向】新生活序盤に確立するべき金銭管理術【生活基盤構築】

2 min 12 views

新社会人の方、本日もお疲れ様です。
社会人生活は学生時代と状況が変わってきます。
社会人一年目にお勧めしたい目標が、貯金です。

手取りは業種やボーナスの有無によりけりですが、
可能な限り、100万円貯金を目指しましょう。

今回のテーマは「生活基盤構築・金銭管理術」です。
一部内容が過去記事と被りますが、キニシナイ。

世の中は、結局金

生活する上で必要不可欠なのが現ナマです。
支援無しで一人暮らしを安定させるには、
日頃からの節約意識が鍵となります。

毎月の家賃以外にもお金は掛かりますので、
下記内容は絶対に守りましょう。

毎月のお金の流れを把握する。
無茶な金の使い方をしない。
雇用関係がいつまでも続くと思わない。
迂闊にローンを組まない
エステやサロンの契約は即決しない
家賃を滞納しない
とにかく貯金と節約だけは確実に実行する。

家計簿を作る

市販の家計簿を使って記帳する。
パソコンにエクセルがあれば家計簿を作成する。
真っ先に始めるべきは家計簿作りです。

毎月の収入と支出を可視化し、
改善するべき箇所を見つけましょう。

目的別口座を作る

まだ地銀で消耗してるの?
都会に来たのなら、口座も新しくしよう。

メガバンクでも金利が渋い

地銀やメガバンクでも、今のご時世金利は低い。
ネットバンクの方が、金利が高い傾向にあります。
別に銀行口座は一つしか持てない訳では無いので、
貯金用、決済用、投資用等の用途に分けて
最低でも2つ銀行口座を用意する事をお勧めします。

身の丈に合わない買い物はしない

まだソシャゲのガチャで消耗してるの?
提示された給与額面が高いからと言って
クレジットカードを使いまくったり
身の丈に合わない買い物をすると、
後々後悔する事になります。

ご褒美は基盤構築した後で

事ある毎に自分にご褒美しよう物なら、
毎月の出費で後悔する可能性があります。

コンビニスイーツをコンプリートする前に
生活基盤をコンプリートしましょう。

後悔先に立たずという諺を覚えておくといいです。

クレカはなるべく使わない

持っておくと便利なクレカ。
現金がなくても支払いに使える為、
買い物依存な人にとっては鬼門となります。

なるべく固定費の支払専用にする。
買い物には使わない方が無難です。

ご利用は計画的に

クレカのリボ払いやキャッシングはお勧めしません。
買いたい物があるなら、毎月貯金してからにしましょう。
多分、高校辺りの家庭科の授業で習ってるかと思いますが。

内容次第では自己破産出来ない

浪費が原因で支払い不可になった場合ですが、
身の丈に合わない立ち振る舞いをした場合は
自己破産の申請その物が通りません。

後悔しても遅いので、日頃から金銭管理に努めましょう。

外食は控える

まだ外食で消耗してるの?
生活費を圧迫させるであろう食費。
ケチり過ぎて体調を崩せば医療費が、
外食や買い食いすると貯金が減る。
非常に悩ましいカテゴリです。

見栄を張らずに自炊を意識し、
弁当+タンブラー持参が食費を抑えるポイントです。
社食無料なら話は別ですが。

格安スマホに鞍替えする

まだスマホで消耗してるの?
生活費を抑えるのに有効なのが、格安スマホ。
ドコモやau等の3大キャリアは月額が高いので、
本体の割賦が残っている場合でも、
格安simにmnpする事をお勧めします。

格安simの月額料金は2000円前後ですので、
本体代を分割で払い続けても、
格安simに移った方がトータルで見てもお得です。

格安simは電話番号しか引き継げない(mnp)
格安simは家族間無料通話が無い
格安simは通話ホーダイ系プランが存在しない
10分間無料通話オプションがある物を選ぶ
移行先によってはSIMロック解除必須

貯金100万を目指そう

記事の序盤でも提示した貯金100万円。
何故100万円貯金を推奨する理由は、
いざという時に暫く貯金で過ごせる為の最低条件を
新社会人の間に達成して貰いたいからです。

経験者は語る

人生、いつ何が起こるかわかりません。
実は勤務先がブラック企業だった。
パワハラやモラハラが続いた。
低賃金、サビ残強要でうつ病を患った。
不当解雇されて生活費がピンチ。
そう言った不測の事態に備える癖をつけてもらうのが、
今回の記事の狙いです。

不動産業は大体ブラックなので、非推奨。

ohtsuka

ohtsuka

サークル「オオツカ不動産」の人

元賃貸営業なブロガー。
一人暮らしに関りのある物や
家電等の情報を執筆します。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です